バナー

インプラント治療の種類

インプラント治療といっても大きく2種類の治療法に分けることができます。

それは、一回法と2回法という方法に分けることができます。

まず、一回法については、人工の歯を装着するまでの外科手術が一回のみ行われる方法であり、歯の肉の切開が一度で済むので、インプラントの手術を受ける人の負担が少ない状態で行うことができます。
しかし、骨を再生して行う場合は、感染のリスクが多少高くなるというリスクがあります。ですから、インプラントを結合させるための骨がしっかりとあるということが一回法で治療を行う条件になってきます。

二回法については、外科手術を二回行うという方法で治療を行います。

二回手術を行うことになるので、一回法よりも手術を受ける人の負担は大きくなりますが、どのような状態であっても対応することができる治療法であり、治療期間もある程度長期間とることができるので、感染のリスクが少ないといえます。

具体的な手順としては、一回法に関しては、まず局所麻酔をして、ドリルで顎の骨を削り、そこにインプラントを埋め込みます。

ある程度固まってきたら、骨を支えるためのを取り付けます。


二回法については、まずインプラントを埋め込んだ後は歯の肉で完全に覆います。

話題の最新togetter関連情報サイトです。

そして、歯の肉の上にヘッド部分を露出させた状態で、傷が治るのを待ちます。

そして、傷が治ったら骨を支えるための装置を取り付けます。

渋谷のインプラントの有益情報を見つけよう。

これらの方法のどちらがよいということはありませんが、治療期間や感染のリスクがこの2つの治療方法の違いということになります。

心斎橋のメンズエステの検索がとっても楽になりました。